Hacked by 3lectro From Team_CC

マンション査定料金が無料の理由と査定の注意点

賢くマンションを売るために、複数の不動産会社に無料査定を依頼しましょう

マンションを売る際には、必ず複数の不動産会社に査定価格を提示してもらうことが重要です。相場を把握できるほか、スムーズかつより高く売れる売出価格を設定でき、売主は多大なメリットを享受できます。査定料金は無料となっているため、気軽に依頼することをおすすめします。

しかし、なぜ無料で依頼できるのでしょうか。お金を受け取って不動産の価格を付けられるのは、不動産鑑定士のみです。これは不動産の鑑定評価に関する法律で定められており、仲介を業とする不動産会社はお金を受け取って不動産の価格を付けることはできません。また、媒介契約を取るための無料サービスの一環として提供されている面もあり、料金は無料となっているのです。

無料とは言っても取引事例比較法などを基に的確な価格を提示してくれるため、売主は大いに参考にすることが可能です。ただし、3つのことに注意をし、提示される価格をよく吟味することが重要です。

提示価格はその価格で売れる可能性が高いであろう目安

1つ目の注意点が、提示価格は売れる価格を保証するものではないことです。マンションを含めた不動産は、日々価格が変動しています。また、タイミングによっても売買成立価格は異なり、あくまで提示価格はその価格で売れる可能性が高いであろう目安です。提示価格をしっかりと比較することは重要ですが、提示価格だけで不動産会社を選ぶことは避けましょう。

提示価格は売買成立価格の下限値、売出価格はより高く売りたい売主の希望を表す上限値として考える

2つ目の注意点が、提示価格は売出価格とは異なることです。いくらでマンションを売り出すかは、売主の状況によって異なります。いつまでに売却したいのか、いくらで売却を希望しているのかを考慮し、売出価格は設定されます。また、競合する物件が売りに出されている場合には、売出価格に大きな影響を与えます。提示価格は売買成立価格の下限値として、売出価格はより高く売りたい売主の希望を表す上限値として考えなければなりません。

査定の際には、諸費用や税金まで考慮すること

3つ目の注意点が、諸費用や税金まで考慮することです。いくらで売れるかは非常に重要なことですが、さらに重要なことはいくらが手元に残るかです。仲介手数料や登録免許税、印紙税などの支出も説明する不動産会社を選ぶことで、スムーズに資金計画を立てることが可能です。また、譲渡利益が発生しても譲渡損失が発生しても、譲渡所得税を考慮しなければなりません。譲渡利益が発生する場合にはマイホームの買い換え特例、譲渡損失が発生する場合には給与所得との損益通算を適用できます。査定の際に諸費用や税金まで丁寧に説明し提案する不動産会社を選び、後悔しない売却としなければなりません。

最新記事