不動産仲介業者を介した土地・住宅・マンション売却の流れ

不動産を売る場合でも買う場合でも不動産仲介業者を利用するのが一般的

所有していた土地や住宅・マンションなどを売りに出す際には、多くの煩雑な手続きが必要になります。いずれの物件も購入する側から見れば決して安い買物ではありません。こうした物件は買うよりも売る方が難しいとさえ言われているのです。
初めて土地や住宅・マンションを売りに出す人は、不慣れなためにさまざまなトラブルも想定されます。売却に至るまでの流れをあらかじめ知っておくことで、そうしたトラブルの回避につながります。土地にしても住宅やマンションにしても、売買取引をすべて自力で完結させるというのは困難を伴います。そのため通常は、売る場合でも買う場合でも不動産仲介業者を利用するのが一般的です。
専門知識と豊富な情報を持つ仲介業者の力を借りることによって、取引をスムーズに進められるのです。

大まかな相場を把握してから不動産仲介業者を探す

土地や住宅・マンションを売りに出す際には、こうした仲介業者を利用する前に物件の相場を知っておくといいでしょう。売りに出そうとする物件のだいたいの相場を掴んでおけば、計画も立てやすくなるものです。土地の場合は国土交通省や都道府県などの公的機関が評価した地価公示・地価調査の数字が参考になります。新築・中古マンションや戸建て住宅の場合は、そういった情報を得るのも簡単ではありません。
インターネット等に掲載される広告を初め、指定流通機構が公開している取引情報なども多くの人が相場を知るための目安としています。大まかな相場を把握したところで、不動産仲介業者を探す過程に移ります。

仲介契約は、専属専任媒介契約、一般媒介契約、専任媒介契約の3種類

良い業者と出会えれば交渉も有利に進めることができますので、業者選びは極めて重要です。手持ち物件を複数の業者に査定してもらい、最も高く評価してくれた業者を選ぶという手もあります。あらかじめ把握していた相場に基づいて納得のゆく査定価格が得られたら、その業者と仲介契約を結びます。
この仲介契約にも3種類がありますので、売却方針によって最適な形を選ぶといいでしょう。専属専任媒介契約は、契約先を1社に絞った拘束力の強い契約方式です。法律上他の仲介業者に重複して仲介を依頼することはできませんので、この形態を選ぶのは信頼できる業者が見つかった場合の話です。
複数の仲介業者に仲介を依頼する一般媒介契約には、他の仲介業者への同時依頼を通知する明示型と通知しない非明示型があります。この他に専属専任媒介契約より拘束力が弱い専任媒介契約も挙げられます。

売却手続きの他に、登記申請や税務申告などの雑務も

こうした仲介業者を通して物件が売りに出され、購入希望者が現れればいよいよ交渉の段階です。瑕疵など価格以外の物件情報は、購入希望者に対して正確に提供する必要があります。トラブル回避のためにも仲介業者による物件調査は重要です。条件面で合意に至ったら売買契約が成立し、該当する土地・住宅・マンションを引き渡します。
以上のような流れで売却手続きは行われますが、この他にも登記申請や税務申告などの雑務も欠かせません。仲介業者によっては、そうした方面でも適切にアドバイスをしてくれるところがあります。初めて不動産を売りに出すという人にとっては、インターネットの情報なども参考にしながら良い仲介業者を見つけることが取引成功の鍵なのです。