マンションの査定の時に掃除は必要か

不動産業者は、リフォームが必要か、また日当たりや部屋の間取りなどの家の性能自体を評価します

マンションを売ろうと考えた場合、一番最初に行うのは不動産業者の選定です。そして、良い不動産業者に売却の依頼をした場合、ほぼ間違いなく実際に売る物件を評価するために査定が行われます。査定の時は部屋の隅々までチェックされるため、掃除しておいたほうが売却価格が高くなるのではないかと考える人も数多くいるでしょう。実際のところはどうなのかというと、結論から言えば掃除をしてようがしていまいが査定の時の金額にはほとんど影響されません。
掃除できれいにできる汚れは別に訪問で評価をした後でもどうとでもなるからです。評価した額がそのまま販売価格になるわけではなく、評価額と売り手側希望額から実際の販売価格が産出されるのです。ですから不動産業者が部屋を見に来た時に子供のおもちゃが散らかっていようが書類が散乱していようが何の問題もありません。
不動産業者はリフォームが必要かどうか、日当たりはどうか、部屋の間取りは生活するに便利かなど、少しの努力ではどうしようもない家の性能自体を評価しに来るのです。

物件の内覧希望者が実際に部屋を見に来る時は、部屋の隅々まできれいにしておくこと

とはいえ、それ以外に絶対に部屋をきれいにしておかなくてはいけない機会というのが物件を売りに出しているときには必ず訪れます。それは物件の内覧希望者が表れて実際に部屋を見に来る直前です。物事というのはなんでも第一印象がとても大切です。第一印象を良くしておくためにも部屋の隅々まできれいにしておく必要があるのです。

できれば部屋を売りに出すと決めた時から少しずつでも部屋をきれいにしておきたいところですが、特に内覧しに来た場合必ずチェックされるポイントというのがあります。まずは言うまでもありませんが玄関です。玄関は家の顔ともいうべきところですし、内覧者が一番最初に見るところです、正に第一印象はこの玄関の状態によって決まるといっても過言ではないでしょう。靴が玄関に脱ぎ散らかされているような状況は問題外なので、靴は必ずげた箱に入れておきましょう。玄関が広々している物件に対する期待感はとても高まります。下駄箱の中も当然きれいにしておきたいところです。

タバコの匂いや水周りのチェックも忘れずに!

特にマンションの場合、ほとんどリビングで過ごすことになるので、リビングは余計なものを片付け、広く見えるようにしておきましょう。また喫煙者は気にならないですが、タバコを吸わない人にとってタバコの匂いはとても気になります。必ず消しておきましょう。そして、女性は必ず水周りもチェックします。水周りも必ずきれいにしておきたいポイントの一つです。